お金信用

社会的信頼について

お金と社会的信頼

自分自身が普段就職などをして定職に就くなど社会的な信用を得る事を実現していなければキャッシングなどでお金を借りる事もそもそも出来ないかもしれません。お金を貸す側にとってみても、信用するに値する事のない人物にお金を貸す事はリスクが高い事なのです。それ故に自分自身に社会的な信用が無ければそもそもとても困っている時であってもお金を貸してくれる所がないという事になってしまいます。キャッシングをするに当たって最近ではアルバイトやパートなどであっても一定の
信用を得る事が出来る程度の労働時間などを確保する事が出来ていればお金を借りる事が出来る場合もあります。しかしその場合にはどうしても利息などの面において高額になってきてしまう場合があるでしょう。キャッシング会社にしてみても商売でお金を貸しているのである為、信用が無ければリスクの面を覚悟で判断する事になります。なるべくであればお金を借りる事なく毎日を送って行きたい物です。

キャッシングの利用における明細書の交付

貸金業法では、貸金業者に対して利用者がキャッシングにおける借入・返済をするごとに、借入残高や借入可能額、返済期日などを記載した明細書を利用者に交付することを義務付けています。

 

ただ従来、明細書は書面による交付しかできなかたものが、電子媒体による開示も認められるようになりました。そして、利用者の中に自宅に郵送されるより、ネット上での閲覧を求める人が多くなったため、明細書の郵送を拒否できる業者が増えています。

 

現在では大手の消費者金融のWEBサイトには利用者専用のWEBページを設けられているため、必要な時にはいつでも取引内容を確認でき、WEBサイトからダウンロードもできるようになっています。

 

また、WEBサイトであれば誰にも見られる心配が無く、利用状況を確認したい時は勤務先や外出先からでもスマホやケータイを使って、最新のキャッシング情報をチェックできます。さらに、WEBサイトには通常6か月分のキャッシング履歴が保管されているので、過去の分も見直すことができます。

 

なお、すべての記録を残したい場合は、データを自分のパソコンに取りこむこともできます。